頭皮のべたつきがどうしても気になる場合は

シャンプーをやめた当初、いちばん多い悩みがベタつきかもしれません。ベタつきががまんできない場合も、シャンプーするのではなく、少し熱めのお湯で洗うことをおすすめします。
またたとえば1日2回水で洗うとか、あるいは、いっそのこと、できるだけ少量のシャンプーか純せっけんで洗髪するのもよいでしょう。シャンプーは絶対に使わないぞ、とはじめからあまり力まないほうが、挫折しないですむかもしれません。ただし、シャンプーをすればするほど、皮脂がジュクジュク出て、皮脂腺が肥大するということは、つねに意識して、なるべく、シャンプーの量を減らしていく努力は続けてください。この日々の努力がとても重要です。
シャンプーをしたくなったときには、舐めたり飲んだりできない気持ちの悪い液体が、頭から体内に入りこんで、髪の毛はもちろんのこと、からだまでも蝕むことをぜひ思い出してください。いずれにしても、シャンプーで洗っていれば、いつまでたっても皮脂の量は減らないし、ベタつきもおさまりません。ベタつきから解放されるには、シャンプーで洗わないこと以外に方法はないことを心に刻んでおいてください。水洗髪に切り替えたばかりの頃は、まだシャンプーを使いたくなる日もあるでしょう。そのようなときにはできれば、シャンプーではなく、純せっけんの使用をおすすめします。シャンプーなどの合成洗剤が化学的に合成された界面活性剤なのに対して、純せっけんはオリーブ油やヤシ油、パーム油などの植物性の油や、牛脂などの動物の脂をベースに苛性ソーダなどを加えることで、界面活性作用を持たせたものです。自然界にある原料からつくられている点が、合成洗剤のシャンプーとは決定的に異なります。純せっけんの洗浄力は合成洗剤と同程度か、それ以上あります。ただ、化学物質をいっさい含んでいないので、細胞毒性は少なく、合成洗剤のシャンプーよりもはるかに安全なのです。まずはぬるま水でしっかりと洗って、髪の汚れをあらかた落としておきます。すると、ごく少量のせっけんでたっぷり泡立ち、汚れも十分に落とせます(このことは、合成洗剤のシャンプーを使う場合でも同様です)。リンスには、薬局などで売られているクエン酸を使いましょう。クエン酸は梅干やレモン、お酢などに含まれているすっぱい成分。弱酸性です。重曹とともに、「エコ掃除」の2大スターともいうべき存在で、キッチンなどの水まわりやトイレの掃除などにも使われています。また、純せっけんを使った洗濯の最後に足すと、衣類がふんわりと仕上がることから、衣類のリンスとしても活用されているなど「エコ家事」の優等生です。

水洗髪のより高みの方法

5日に1回に挑戦毎日、厳格に水だけの洗髪を続けているうちに、3週間ほどで皮脂の分泌量が少なくなりはじめ、たいていは4~5か月ほどで皮脂腺はすっかり縮んで、皮皮脂の分泌量は「最盛期」の半分ほどに減るようです。そうなれば、ベタつきもニオイももはや過去のもの。なにより、頭皮や毛穴も健康な状態に戻り、この頃から髪にコシやハリが出てきたことを徐々に実感するようになるはずです。水だけ洗髪でも、あまり丹念に時間をかけて洗ったり、ときどきせっけんを使ったりしできないかもしれません。いずれにしても、髪にコシやハリが実感できるようになったら、意欲のある方はより「高み」をめざしてはいかがでしょう。毎日していた水洗髪の間隔を少しずつ延ばしていくのです。まず洗髪する日を1日おきにする。次に2~3日に1回にしてみる、それに慣れてきたら、4~5日に1回まで延ばします。水洗髪でも、皮脂はかなり落ちます。その水洗髪が4~5日に1回になれば、それだけ失われる皮脂が減って、その分、毛根に栄養がまわりますので、髪にコシやハリがますます感じられるようになるでしょう。それだけでなく、4~5日に1回の水洗髪をしばらく続けていて、皮脂の量が少なくなれば、この間隔でもニオイもベタつきもなくなるのですから、これはちょっと感動ものです。ただし、シャンプーをやめてすぐに、4~5日に1回の水洗髪に切り替えるなどというカゲキな行為は危険です。ジュクジュクと大量の皮脂が出ている段階では、1日1回、酸化した皮脂だけは流しておかなければなりません。大量の皮脂がたまって酸化して過酸化脂質になり、頭皮を刺激すれば、脂漏性皮膚炎を起こして、フケが粉のように落ちてくることになりかねません。
水洗髪への移行に、無理は禁物。行きつ戻りつしながらでも、水洗髪に完全移行できれば、うれしいことがたくさん待ちうけています。そのひとつが、コシやハリのある、太くて丈夫な髪になること、つまり、薄毛の予防につながることはいうまでもありません。
せっかく水洗髪に切り替えても、しばらくはベタつきやニオイ、かゆみなどを経験するかもしれません。それらに耐えられなくて、シャンプー洗髪に戻ってしまう人も、残念ながらいます。
ます。でも、このとき、ちょっとした対処法を知っていれば、きっと続けられるはずです。というわけで、まずは、ベタつきの対処法についてからみてみましょう。

頭皮や髪のために気をつけたいドライヤーのやり方について

ところが、板に広げた上からドライヤーをかけると、と、表から先に乾いて縮み、裏側が乾くまでの時間との間にズレが生じます。そのせいで紙は、表側へ向かって、スルメを焼いたときのように、めくれあがったり、デコボコになったりします。ドライヤーをかけた場合も、同様のことが起きるはずです。つまり、キューティクルの表面がその内側よりも先に乾くせいで、表面がめくれて、毛髪の表面が破壊され、毛の内部の水分が蒸発することが考えられます。いずれにしても、このような急激な変化は頭皮や毛髪に負担になります。とはいえ、髪が長いと、ドライヤーを使わないわけにはいかないようです。です。乾くまでに時間がかかることで、いろいろ問題が起きてくるといいます。たとえば、毛髪は水に長時間さらされていると、水分を含んでふくれます。この状態を「膨潤」といい、膨潤した髪は、ちょっとした刺激で傷ついたり、切れたりします。また、いつまでも頭皮が湿っていると、雑菌がはびこりやすいということもあるようです。それに、とにかく寒いといいます。ます。私の妻も、冬など自然乾燥を待っていたら、頭から風邪を引いてしまう、などといっています。実際には、頭から風邪を引くなどということは迷信だと思いますが。膨潤する、雑菌がはびこる、頭から風邪を引く、といった理由から、自然乾燥させるよりもドライヤーでさっさと乾かしたほうが髪のためにも、頭皮のためにも、そして、からだのためにもよいというわけです。なるほど、一理ありますね。ドライヤーを使うのなら、その弊害を最小限にとどめる方法を知っておく必要があります。まず、ドライヤーは髪を持ちあげておいて、その下から風をあてると、乾きにくい髪の根元から先に乾かせます。さらに温風と冷風を交互にあてること、1か所に集中してあてないこと、髪から15cmほど離すことなどを守りましょう。そして、地肌が完全に乾いて、毛先が少し湿っている状態でやめるのが、基本中の基本です。ショートヘアで1分以内、ロングヘアでも5分以内を目安に切りあげましょう。こうしてきれいに乾かしたあとは、整髪料も、また頭皮のうるおいエッセンスだの乳液だのといったヘアケア製品は使わないでください。界面活性剤をはじめさまざまな化学物質が含まれていて、特大の10万個の毛穴からそれらが入りこんで細胞を傷つけ、あるいは頭皮を乾燥させて薄くして、その結果、薄毛や禿げを進行させることは、くりかえし述べてきたとおりです。